宇都宮教会のトピックス一覧

2018.4.15「旧約聖書 創世記37章19節~28節」

旧約聖書 創世記37章19節~28節   (19)(20)「あの大ばらふきが来るぞ。あんなやつ、殺して井戸に投げ込んじまおう。おやじには獣に食われたとでも言えばいい。例のすばらしい夢がどうなるか見たいもんだ。」   (2 … 続きを読む →


2018.4.8「旧約聖書 創世記32章1節~12節」

(1)ヤコブの一行は旅を続けました。すると神様の使いたちが現れたのです。   (2)ヤコブはその姿を見ると、「神様はここにおられる」と叫び、そこを「神の領地」と名づけました。   (3)さてヤコブは、セイルの地エドムにい … 続きを読む →


2018.4.1「旧約聖書 創世記31章1節~13節」

(1)しかし、そのまますむわけはありません。ラバンの息子たちが不平を言いだしたのです。「あいつの財産は、元はといえば家のおやじのものじゃないか。おやじが犠牲になって、あいつを金持ちにしたようなものだ。」   (2)そうこ … 続きを読む →


2018.3.18「旧約聖書 創世記18章1節~15節」

創世記18章1節~15節 (1)アブラハムがマムレの樫の木のそばにテントを張っていた時、神様は再び彼に現れました。そのいきさつは次のとおりです。夏のある暑い日の午後でした。アブラハムは天との入口に座っていました。 (2) … 続きを読む →


2018.3.11「旧約聖書 創世記15章8節~16節」

創世記15章8節~16節   (8)「神様、できれば、その確かな証拠を見せていただけるとうれしいのですが。」   (9)すると、次のようにせよと言われました。それぞれ三歳の雌牛と雌やぎと雄羊、それに山鳩とそのひなを連れて … 続きを読む →


2018.3.4「祝福と永生」

天一国経典 平和経 P574 第四篇 人類を救う真の家庭運動   祝福と永生 世界人類は、終末期に生きています。今、世の中の家庭が壊れつつあり、父親と母親、そして子女たちが怨讐の関係になっています。なぜそのようなことが起 … 続きを読む →


2018.2.18「信仰を立てる段階」

天一国経典 天聖経 P839(6)(7) 第八篇 信仰生活と修練   信仰を立てる段階   (6)絶対信仰とは、ために生きることです。絶対の神様がために生きているというのです。若い時にデートをすれば、男性も女性もお互いに … 続きを読む →


2018.2.11「聖婚と真のお母様」

天一国経典 真の父母経 P80(9)(10) 第一篇 真の父母の顕現と真の父母時代   聖婚と真のお母様   (9)お母様は、とても知恵深い女性です。お母様は、目が素晴らしいのです。にこっと笑う時には、私はその笑う魅力的 … 続きを読む →


2018.1.28「真の父母様の孝情天苑清平摂理3」

真の父母様の孝情天苑清平摂理3 第2部 P93~P95    今後、先祖の子孫が地に出てくれば、地で祝福を受けるようにして、その直系の子女たちを保護するようになっています。そうすることによって、サタンと関係のない新たな世 … 続きを読む →


2018.1.21「神文明圏の構築」

天一国経典 天聖經 P1428~1430(16)(21) 第十三篇 平和メッセージ   神文明圏の構築 (16)環太平洋時代の到来が意味するところは、実に大きなものです。人類のメシヤとして来られたイエス様が、み旨を成し遂 … 続きを読む →


2018.1.14「神様と平和世界」

天一国経典 天聖經 P1122~1123(3)(4)(5) 第十篇 平和思想   神様と平和世界 (3)本然の地とは、どのような所でしょうか。悪が宿る所ではありません。悪と絶縁し、あふれ出る本然の愛を中心として、永遠無窮 … 続きを読む →


2017.12.3「神様のみ旨どおりに生きる道」

天一国経典 天聖経 第八編「信仰生活と修練」P830~832 神様のみ旨どおりに生きる道   2 真の信仰の道というとき、真とは一つしかありません。信仰の対象とは誰でしょうか。絶対的な神様です。信仰生活とは、神様のみ旨に … 続きを読む →


2017.11.26「霊人たちが再臨協助する理由」

天聖経 第七編 地上生活と霊界 P799(8)(9)   霊人たちが再臨協助する理由   (8)神様が町内を見下ろせば、みな自得に行くしかない人間なので、涙を流さざるを得ないのではないかと思い、神様の代わりに自分が涙を流 … 続きを読む →


2017.11.12「韓民族は摂理史的な祭物」

平和経 第8編「韓国統一と世界平和」P1201~P1202 「韓民族は摂理史的な祭物」   神様はなぜこのような摂理をされるのでしょうか。神様がこの民族に十字架を負わせたのは、この民族を召命するためです。この民族は長い間 … 続きを読む →


2017.10.29「真の父母様の孝情天苑清平摂理3」

真の父母様の孝情天苑清平摂理3 第2部 P63~65 清平修練苑は、皆さんを悪霊から解放してくれる本拠地です。霊界にも修練所があります。その修練所を通して、地上で犯した罪に対する蕩減ができていないことを解決しなければなり … 続きを読む →


2017.10.22「天一国経典 天聖経 P1294(1)(3)」

天一国経典 天聖経 P1294(1)(3) 第十二篇 天一国   (1)先生にとって蕩減法は過ぎ去っていきます。これからは、天一国の法を中心として、原理原則を中心として、天国の構造的な平衡を取るべき時が来ました。昔とは変 … 続きを読む →


2017.10.15「平和と神様」

天一国経典 天聖経 P1064-1065(2)(3)(7) 第十篇 平和思想   平和と神様   (2)人類の先祖は、堕落したので神様の息子、娘になれませんでした。息子、娘になれなかったので、真の子女になれませんでした。 … 続きを読む →


2017.10.1「三億六千万家庭の祝福」

天一国経典 天聖經 P532-534(46)(47)(51) 第五篇 真の家庭   三億六千万家庭の祝福   (46)今後、統一教会は、カインたちを祝福してあげなければなりません。今の時は、既成家庭の祝福をしなければなり … 続きを読む →