鷹の選択

 鷹は長生きできる鳥としてよく知られています。
 鷹は最高70年生きられると言われていますが、このように長生きするためには、約40年が過ぎた時に重要な決断をしなければなりません。
 
 鷹は、約40歳になると爪が弱くなり、獲物がうまく取れなくなります。くちばしも長く曲がり、胸につくようになります。羽も重くなり、徐々に飛べなくなります。

 ここで鷹は2つの「選択」をする立場に置かれます。このまま死ぬ時期を待つのか。それとも、苦しい自分探しの旅に出るのか・・・。

 自分の変化の道を選んだ鷹は、まず山の頂上に行き巣を作ります。その後、鷹はとても苦しい、いくつかのことをやり始めます。
 まず、くちばしを岩に叩きつけて壊してしまいます。そうすると、新しいくちばしが生えてくるのです。
 それから、出てきたくちばしで、爪を一つずつ剥ぎ取ります。
 そして、新しい爪が生えて来た後に、今度は羽を一本ずつ抜いてしまいます。
 
 こうして半年が過ぎ、鷹は新しい姿に生まれ変わるのです。
 そして、また空に高く跳び上がり、残りの30年間を生きていくのです。
 
 人は誰でも過去に戻るよりは成長することを願います。成長を望み、もっと新しい自分を見つけるためには、心の底から「変化」を期待し、行動しなければなりません。
 大切な人生の生きる意味に気づき、「涙」と「笑顔」で成長する自分と向き合うためには、この鷹が見せてくれたとても苦しい「選択」という、勇気ある決断が必要なのかもしれません。
 
 人生の価値は「速さ」と「広さ」ではなく、『方向性』と『深さ』にあることを忘れないでください。
 あなたが心から探し求めている「生きる意味」は何でしょうか?どのような自分を求めていますか?
 変わりたい自分が「こころの扉」を叩くのであれば、その気持ちと素直に向き合い、最も大切なことを選ぶ「勇気」を忘れないということ。そして、「成長」を求める自分を否定しないということ。

 これが生きる意味と向き合う私たちに送る、「鷹」からの教訓かもしれません。
 
 


 

あわせてお読みください