2020.1.12「旧約聖書 サムエル記上 第22章11〜18節」より

旧約聖書 サムエル記上 第22章11〜18節

(11)そこで王は人をつかわして、アヒトブの子際しアヒメレクとその父の家のすべての者、すなわちノブの祭司たちを召したので、みな王の所にきた。(12)サウルは言った、「アヒトブの子よ、聞きなさい」。彼は答えた、「わが主よ、わたしはここにおります」。(13)サウルは彼に言った、「どうしてあなたはエッサイの子と共にはかってわたしに敵し、彼にパンとつるぎを与え、彼のために神に問い、きょうのように彼をわたしに逆らって立たせ、道で待ち伏せさせるのか」。(14)アヒメレクは王に答えて言った、「あなたの家来のうち、ダビデのように忠義なものがほかにありますか。彼は王の娘婿であり、近衛兵の長であって、あなたの家で尊ばれる人ではありませんか。(15)彼のために神に問うたのは、きょう初めてでしょうか。いいえ、決してそうではありません。王よ、どうぞ、しもべと父の全家に罪を負わせないでください。しもべは、これについては、事の大小を問わず、何も知らなかったのです」。(16)王は言った、「アヒメレクよ、あなたは必ず殺されなければならない。あなたの父の全家も同じである」。(17)そして王はまわりに立っている近衛の兵に言った、「身をひるがえして、主の祭司たちを殺しなさい。彼らもダビデと協力していて、ダビデの逃げたのを知りながら、それをわたしに告げなかったからです」。ところが王の家来たちは主の祭司たちを殺すために手を下そうとはしなかった。(18)そこで王はドエグに言った、「あなたが身をひるがえして、祭司たちを殺しなさい」。エドムびとドエグは身をひるがえして祭司たちを撃ち、その日亜麻布のエポデを身につけている者八十五人を殺した。


あわせてお読みください