2013.9.8 訓読のみことば

神様の真の愛を相続するために

文鮮明師 このような悲惨な姿に陥ってしまった人間を、神様は見捨てたわけではありません。神様は愛する子女を取り戻すため、今日まで長い歴史をかけて救援の摂理を行ってこられました。
 
 その神様の救いの計画と努力は、旧約・新約聖書をはじめとする世界の経典、そして人類の歴史の中に綿々と綴られています。
 
 歴史の聖賢らから、「真の愛」による人類一家族世界を実現する使命を受けた文鮮明師は、その生涯を通し、神様の「真の愛」に基づいた人生を貫き、幸福と平和の礎となる「真の家庭」モデルを示されました。

あわせてお読みください